3人家族の難関中学受験挑戦日記【2023年受験】

首都圏の中学受験の事情など全く知らなかった地方出身の俺と妻のキミコが、ある日軽いノリで小学校4年生の息子のキミオを中学受験させる事を決意。ごくごく平凡な夫婦が、果たして息子を難関中学の合格させられるのか?! 3年間のリアルな挑戦の記録を綴ったブログです。

新四年生3月度復習テストの結果

俺の会社も在宅勤務となり、妻のキミコ、息子のキミオ、そして俺の3人の自宅生活が始まり1週間。

曜日感覚も段々となくなり、

「あれ?そういや、この間の復習テストの結果って、今日でるんだっけなぁ~」

と、少し気にはなりつつ、、パソコン画面を見ながらzoomミーティングしていると、

キミコが興奮しながら、俺の目の前にスマホ画面をもってきた。

俺 「なんだよ、今ミーティング中だってば。。。じゃまするなよ。。」

と、鬱陶しく思いながら横目でスマホ画面を見ると、

そこには見慣れない数字が。。。

   国語 6〇.〇(70に近い)

ん? なんの数字だ? とうとうそこまで点数が落ちこんだのか? と考えていると、

キミコ 「っしゃ~~~!!」

と、小声で絶叫しながら顔を紅潮させながら、俺の横でガッツポーズしている。

俺 「え? これって、もしかして、国語の偏差値?」

キミコ 「っしゃ~~~!!おらぁ~~、これ、私の担当教科~~!!」

と、ガッツポーズ&ドヤ顔が止まらない。

結婚して軽く15年以上経つが、これ程までに狂喜している妻を見たのは11年前にキミオの妊娠が判明した時以来かもしれない。

そして、次に見えたのは

   4科目合計 偏差値 6〇.〇(65未満)

マジか? だって、前回の組み分けテストの合計は60に全然届いてなかったではないか。

そして、キミコが自分のもう一つの担当教科である、社会の結果を指さしている。

   社会 偏差値 6〇.〇(60に近い)

初めての社会、意外とやるじゃん。

そして、俺は自分が担当している、算数、理科の成績に目を走らせた。

   算数 偏差値 5〇.〇(四捨五入すれば60)
   理科 偏差値 5〇.〇(四捨五入すれば60)

がーーーーーーーん。

またキミコに負けた。

前回は、

俺(算数) 対 キミコ(国語)

の2教科の勝負で俺が負けたが、今回は

俺(算数&理科) 対 キミコ(国語&社会)

の4教科勝負で、2敗。

今回も完敗だ。

キミコ「これで、あんたが足引っ張ってるの確定だよねぇ。算数なんてさぁ、ずっと前から公文やらせていたじゃない。あんたの教え方ダメなんじゃない?」

腹立つわぁ~~!!

俺「俺の教え方はそんな短期的な成果をめざしてねぇんだよ。大ジャンプほど助走に長い距離が必要なんだよ。」

そして、傍に来ているキミオに、

俺「なぁ~~、キミオ! お父さんと必ず大ジャンプしような!おまえなら絶対できるからさっ」

キミオ 「うん。お父さん、頑張ろうね」

なんて心優しい息子だろう。。。。俺の方が慰められてどうするんだ。。。。ちょっと泣けてくる。。。


っていうかさ、、、俺は、キミオが理系だと思ってきたが、もしかして文系なのか?

俺 「なあ、キミオ。鬼の首をとったよう、ということわざあるだろ? まさに、今のお母さんの様子をいうんだよ。」

あ、しまった、キミコの担当教科に有利な事をしてしまった。。。敵に塩を送ってはイカン、イカン。

それではおやすみなさ~い

にほんブログ村 受験ブログへ

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(サピックス)へ

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験 2023年度(本人・親)へ

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験体験記へ

にほんブログ村