3人家族の難関中学受験挑戦日記【2023年受験】

首都圏の中学受験の事情など全く知らなかった地方出身の俺と妻のキミコが、ある日軽いノリで小学校4年生の息子のキミオを中学受験させる事を決意。ごくごく平凡な夫婦が、果たして息子を難関中学の合格させられるのか?! 3年間のリアルな挑戦の記録を綴ったブログです。

いやな予感的中

夏期講習マンスリーテストが終わり、我が家にとって初めての夏期講習の幕が閉じました。

来週火曜日に成績速報が発表されますが、その前に自己採点をしてみました。

まずは、俺担当の算数ですが。。。。

ガーーーン

大問1~大問4で、4か所もケアレスミスしてやがる!

これだけで、-23点ではないか!

そして最後の大問6の途中で時間切れ。

結果、得点率75%。

これはアルファ入りを逃した3月の組み分けテストの時とほぼ同レベル。過去最低レベルのスコアだ。やばいっ!!

テストの前には、キミオには

「ぜ~~ったいにケアレスミスをするなよ!計算過程と筆算の結果を残し、必ず見直しをしろよ!」

と念押ししたのに、、、どう見ても見直ししたとは思えない凡ミスではないか!

夏期講習の初めにはワクワクしながら「計算の夏にしよう」というテーマを掲げ、

「Go To トラベル」という誘惑に打ち勝ち、

新しくストップウォッチを入手し、

毎日毎日コツコツと時間を計りながら計算練習をしてきたってのに、

そして、内心密かに算数のベストスコアーを期待していたのに、、

んもう。。。。。

カ~~~~っ

と頭に血が上っていくのがよくわかりました。

まるで、ゴルフで第一打を超ナイスショットして、第二打で見事にパーオンに成功し、さあ、バーディーパットだ! という所で、ザクっとだふってしまい、頭に血が上るような、、、そんな久々な感覚でした。

既にキミオが寝ていてよかったです。もし隣で一緒に採点していたら、確実に俺の怒号が我が家に響き渡っていた事でしょう。。。

7月の組み分けテストでせっかくアルファ入りしたばかりなのに、、、

ひと夏の恋ならぬ、ひと夏のアルファ。。となってしまうのだろうか。

思い起こせば、、、、

夏期講習の中盤あたりから計算コンテストでミスを連発していたので、いや~~な予感はしていたのですが、、、

やっぱり悪い予感って、的中するんですね。

この週末、よ~~くキミオに分析と反省をさせて、なんとかケアレスミスを撲滅するための手をうたねば。。。(汗)

そして、俺のもう一つの担当である理科はどうか。

テスト直前の昼食を食べながら、

  「イモリとヤモリの違いはな~んだ?」

  「太陽系で一番大きな惑星はな~んだ?」
という、苦し紛れで俺が出したクイズが問題にでたようで、それは少し幸運だったのですが。。。

結果としては正答率80%。難易度は高くないようなので、アルファとしては恐らく平凡なスコアーでしょう。理科では算数の失敗をカバーできそうにないです。。。。
それにしても、テスト前日の授業で習ったばかりの「つり合い」の応用問題をガッツリ出題してくるなんて、、、

んんんんん~~、流石はSAPIX、厳しいですね。

さ~~て、

キミコ担当の国語と社会でどれだけ算数の失敗をカバーできるか。。。。

そして、火曜日の成績速報の結果や如何に。。。。

ドキドキ。。。。

ではでは、おやすみなさ~い。

にほんブログ村 受験ブログへ

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(サピックス)へ

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験 2023年度(本人・親)へ

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験体験記へ

にほんブログ村