3人家族の難関中学受験挑戦日記【2023年受験】

首都圏の中学受験の事情など全く知らなかった地方出身の俺と妻のキミコが、ある日軽いノリで小学校4年生の息子のキミオを中学受験させる事を決意。ごくごく平凡な夫婦が、果たして息子を難関中学の合格させられるのか?! 3年間のリアルな挑戦の記録を綴ったブログです。

4年生10月度マンスリーテスト[一夜明けて]

前回の夏期講習復習マンスリーテストではケアレスミス(我が家ではこれをケアレ・スミスさんと呼んでいる)が多発したため、このスミスさんを封じ込めるために毎日頑張ってきたこの1か月。

そして、、、遂にその成果が試される10月度マンスリーテストがありました。

テストを終え帰宅したキミオの第一声:

キミオ「算数激ムズだったぁ~。最後の大問二つは全然解けなかったし時間もなかった感じ。」

と、悔しそうな様子。

俺「そうか、それは仕方ないね。けどさ、スミスさんは前回より減った感じ?」

キミオ「うん、まぁ。。。」

俺「そうか、それならいいじゃん。じゃあさ、一番手ごたえのあった科目は?」

キミオ「国語かな」

と、この会話を脇で聞いていた国語・社会担当のキミコが、「っしゃ!」とガッツポーズ。

俺「その次は?」

キミオ「理科」

そこで算数と理科担当の俺が、「っしゃ!」とガッツポーズ。

俺「その次は?」

キミオ「うーーーん、社会かな」

キミコが、「っしゃ!」とガッツポーズ。

つまりキミオ本人の手ごたえとしては、

国語 > 理科 > 社会 > 算数

という事らしい。またしても、キミコに負けてしまうのか。。。

そしてキミオとキミコが就寝後にSAPIXのホームページを覗いてみると、既に回答がアップされていたので、深夜の自己採点を実施。

結果:
  算数 7割強

  国語 9割強

  理科 9割弱

  社会 8割弱

というところで、本人の申告通り。

そして気になる算数のスミスさんを見ると、難しかったという最後の二つの大問は0点だったがそれ以外は、スミスさんはなんと1問だけに収まっている。おお~~ やったじゃないか!点数だけ見れば7割強でアルファとしては平凡な点数かもしれないが、スミスさんを減らすぞ~と思って望んで本当に1問で収まったのは大きな進歩だと思う。 明日はキミオを思いっきり誉めてやろうと思う。

あとは、これまで苦戦してきた国語の読解がかなり良い感じになってきた。以前は読解の授業について行けていなかったが最近は授業がよくわかるようになってきたのだそうだ。キミコにはまたしてもやられてしまったか!!

今回は、ちょっとだけ安心した気分で、あんまりドキドキせずに水曜日にアップされるの成績速報を待てそうである。(って、クラス落ちしたら凹むだろうなぁ。。。)

そういえば、駒場東邦の文化祭のWEB申し込みが今朝の9時からあり、頑張って5分前からPCの前でスタンバっていたのですが、9:00になっても申し込みボタンが有効にならず、2分後になってようやく申し込みボタンが押せるようになり、その先に進むと、既に「申し込み終了」との事。4か所の時間枠がありそれぞれの定員が200組、つまり定員の合計800組、それがたった2分で全部埋まってしまうのか。恐るべき人気だ。そして、俺がアクセスできなかった、あの2分間は一体なんだったのか?
先日も他校の学校説明会のWEB申し込みでも、同じような感じで申し込みできなかったのです。

こんな感じで、我々田舎出身のアナログ夫婦は、このまま何もイベントに参加させてもらえないのでしょうか?

どなたかこのへんのノウハウをお持ちの方、ホント、教えていただきたいです。

それでは、お休みなさ~い

にほんブログ村 受験ブログへ

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(サピックス)へ

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験 2023年度(本人・親)へ

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験体験記へ

にほんブログ村