3人家族の難関中学受験挑戦日記【2023年受験】

首都圏の進学塾SAPIXに新4年生から通塾開始。入塾時の偏差値(50+α)が半年で(60+α)に上がりここまでは順調。果たして2年後の超難関中学受験を成功させる事が出来るのか?俺たち家族の3年間の挑戦の記録を綴ってゆく予定です。

スマイルゼミが【中学受験漢字の先取り学習】に最強だった体験談

小学校4年の息子キミオに得意技があるとすれば、それは

漢字を綺麗に書くこと

かもしれません。

例えば算数の計算の時はこんな感じで。汚なくて読めねぇ~~!!

f:id:kimio_papa:20201031231529j:plain


一方で、漢字を書く時にはこんな感じになるんです。

f:id:kimio_papa:20201031231701j:plain


漢字となると、このように別人のようにスイッチが入っちゃうみたいなんです。

しかも、厄介な「とめ」「はね」「はらい」についても出来ていて、この1年間のマンスリー系テスト(10回)においては、ほとんどノーミスで。先日の夏期講習中に10回実施された漢字のテストもすべて満点と。

ではなぜ漢字が得意になれたのか?

思い起こせば、、、

幼稚園~小学校入学くらいの時期に

スマイルゼミ

というタブレットを使う通信教育をやらせていたのですが、その中に、

「美文字認定」

というコーナーがあるんです。

これが、秀逸でして。。。。

↓画面はこんな感じ。

f:id:kimio_papa:20201031233432j:plain


ご覧になってわかるように、左側の見本のような綺麗な文字が書けると、100点がもらえ、見本とずれていたり、「とめ」「はね」「はらい」、書き順が合っていないと点数が取れません。

勉強も遊びも区別のつかない幼児だったキミオにとって、これは完全にゲームのノリ

一人で放置していも楽しそうに何度もトライし、やっと100点を出しては、俺やキミコのスマホまでメールしてくれた(メール機能もあり)事を懐かしく思い出します。

それにしても、

お母さんが家事をしている間に、勝手に子供が綺麗な漢字が書けるようになってくれる!

これって、多忙な親にとって、勝手に子供に漢字を教えてくれる画期的なツールなのではないかと思うのです。

↓ もし資料請求をされたい場合はこちらからどうぞ。


今回は、親バカな話題で、、大変失礼しました。少しでもお役に立てば嬉しいです。

それでは、おやすみなさい。

にほんブログ村 受験ブログへ

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(サピックス)へ

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験 2023年度(本人・親)へ

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験体験記へ

にほんブログ村